読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユアンの隠れ家

ユアンと申します。シングルを中心に全ルールやっています。Twitter:@yuan_poke

TOP

ユアンと申します。シングルを中心に色んなルールやっています。

(XYシーズン5総合レート47位)*現在総合勢の活動停止中

レートやオフで使ったパーティーやオフレポに関する記事が多くなると思います。

 

質問等があれば、ブログのコメント欄やTwitter @yuan_pokeの方にお願いします。

リンク等はご自由にどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

オオタチリーフィアチラチーノデデンネなど可愛いポケモンが大好きです。もふもふしたい・・・)

【トリプル】第3回 診断メーカー大会  封印状態異常フィールドコントロールパ

トリプル ORAS

前々から気になっていたトリプル診断大会に参加しました。

 

そもそもトリプル診断大会とはなんぞやというと、

くらうんさんがトリプルパーティー用の診断メーカーを作ったのをきっかけに、どうせならそれで選ばれたポケモン使って大会やっちゃおうという割りとノリで色々決まったのがきっかけだったと思います。

現在ではこの大会も3回目を迎え、募集開始から半日で1度目の定員(32人)が埋まってしまうほどの超人気大会となっています。

【トリプル】第3回 診断メーカー大会|きゅんきゅーんするね(*’∀’人)♥*+

 

トリプル診断メーカーでは、トリプルバトルで戦うために必要な要素(威嚇枠、S操作枠など)を持ったポケモンが6体選ばれます。

選ばれるポケモン一覧はこちらから

くらうんぱーてぃ 【トリプル】PT作成診断から選ばれるポケモン一覧

 

 

そして今回選ばれた6匹はこの子たちです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:yuantonym:20150518001547p:plain f:id:yuantonym:20150518001833p:plainf:id:yuantonym:20150518001645p:plain

f:id:yuantonym:20150518001736p:plain f:id:yuantonym:20150518001802p:plainf:id:yuantonym:20150518001749p:plain

 

うおおおおおおおっ!! トリプルで一匹も使ったことねえええええ!というか対戦でもゲンガーぐらいしかまともに見たことないぞおおおおおお!

とはいえ、全体的にかなりの?高種族値。これはやすやすと負けるわけにはいきませんね。

 

 

 

【パーティーコンセプトと完成までのいきさつ】

とりあえず何かトリプルでしかできない面白いことやるかーと意気込んで技構成などを考えていましたが、結局のところ

 

「影踏みと封印、状態異常を駆使しながら戦っていく」

 

パーティーとなりました。

 

後はAブロックの他の人のパーティーを見ながら技とか調整とか細かいところを考えました。

f:id:yuantonym:20150518113813j:plain

 

 

上記のコンセプトに達するまでにボツになった案として

 

① おっ、コバルオンに袋叩きでAあげて岩雪崩で制圧できる!やったーと思い技一覧を見たところ →そっかー岩雪崩は覚えないのかー

でもまあ地震ぐらいなら覚えるデッショー →覚えない

こいつ全体技何覚えるんだよー      →何も覚えない

(゚Д゚)ハァ?

 

雪崩も地震も使えるテラキオンはGODだと再認識しました。

(まあそもそも叩き主体で行こうとすると、オート晴れもないしコバルオンダーテングのS関係的に展開遅くなっちゃうんで微妙なんですけどね)

 

② 晴れ下でダーテングを輝かせることも考えたましたが、自動晴れ要員がいなく味方が受ける恩恵少ないし、むしろ相手の補助になることが多そうなので却下(今回のパーティー炎が一貫しすぎている。。。)

 

③ 滅びで何かできないかも少し考えたところ、パーティー全体の耐久が足りなすぎるので即刻ボツ

 

④ トリルを軸にベロベルトで何かしようにも周りのSが速すぎてむしろ相手にアドバンテージ与える可能性が高いので却下

 

 

 

【個別解説】

f:id:yuantonym:20150518001549p:plain ゲンガー@ゲンガナイト

(おくびょう H252 C188 S68)

たたりめ ヘドロばくだん おにび まもる

S:メガ後S最速コバルオン-2(性格補正の都合で-2になっています)

 

まさかのHCベースのメガゲンガー。Sに振らなかった理由の1つとしてAブロックにS100族を超えるポケモンがほとんどいなかったことが挙げられます。本当は控えめだとC実数値+3だったのですが、臆病理想個体が数体余っていたのと他のポケモンの厳選で疲れたので妥協。

守るを除くと、技構成がシングルでよく見るような感じになっています。普段メガゲンガーと言えば滅びのイメージがあるトリプル勢にとって、鬼火とか祟り目は意表がつけたのではないでしょうか。

S調整は、1ターンでコバルオン電磁波→祟り目コンボをするつもりで施しました。しかし、実際に今回そのコンボが綺麗に決まることはありませんでした。理由として、もともとのCの高さのおかげかヘド爆でワンパンできることが多かったり、ゲンガーが場にいない状態でコバルオンが先に麻痺を撒くことが多かったからです。

 

 

f:id:yuantonym:20150518001823p:plain コバルオン@たべのこし

(ようき H44 A208 D4 S252) *めざ氷個体

インファイト アイアンヘッド でんじは まもる

 

アタッカー兼状態異常巻き役。

アタッカーとして珠を持たせたかった気もしますが、それよりも補助役として少しでも場にいて貰いたかったので回復アイテムで余ってた食べ残し。結果的に食べ残しが生きた場面が多かったので、正解だったと思います。

あとは、悪半減の正義の心持ちなのでゲンガーと縦の相性がよかったようにも思えました。

 

 

f:id:yuantonym:20150518001647p:plain グラエナ@オボンのみ

(ずぶとい H252 B20 D40 S196)

いかりのまえば バークアウト よこどり あくび

・S:準速バンギ抜き抜き

・HB:オボン込みで意地っ張り鉢巻ファイアローのブレバ高乱数で2耐え

 

GRESじゃなくてGREN(グレンではない)。種族値は足りないもののトリプルにおいて優秀な技を多く覚えるポケモン

本当は毒毒玉速足で上から前歯を使えるようにしたかったのですが、パーティーの耐久力的に威嚇で採用。

バクアはパーティー全体の耐久を疑似的に上げるため。横取りは主に相手の追い風対策に。

パーティーコンセプトで採用したあくびは強かったです。影踏みロックと合わせることで、相手を無慈悲に眠らせ行動を制限させるのがとても楽しかったです。(胞子とかダクホ撃った方が速いとか言ってはいけない)

 

 

f:id:yuantonym:20150518001737p:plain ダーテングきあいのタスキ

(ようき A252 D4 S252)

ねこだまし リーフブレード はたきおとす おいかぜ

 

猫騙し要因かつS操作枠。。チョッキ持ちやバンギを意識して物理型にしましたが、端に置くことが多かったので、対角悪の波動を撃つために特殊型にしても良かったかもしれません。

 

 

f:id:yuantonym:20150518001804p:plain エムリット@メンタルハーブ

(ひかえめ H252 B76 C88 D84 S8)*めざ炎個体

サイコキネシス ふういん トリックルーム まもる

 

聖獣エムリット種族値的にアタッカーも可能ではあるものの、今回は主に補助役に。こちらは基本速めのパーティーなので相手のトリルを封じつつ、また守るを封印することでこちらのペースに持っていけるようにしました。

耐久調整は、もともとHCだったものを大会開始直前に急いでバランスよく耐久に振り直したためよくわからないことになってます。

電磁波や壁なども搭載したかったのですが、格闘、特に根性チョッキブシンみたいなのが激しく重かったのでエスパー技を採用。

あと本来なら回復アイテムを持たせたて場持ちをよくしようと、挑発飛んでくると置物になるのを嫌ってメンタルハーブを採用。しかし、今回挑発が使われることはなかったので完全に腐りました。

 

 

f:id:yuantonym:20150518001751p:plainベロベルト@ヨプのみ

(いじっぱり H252 A252 D4)

おんがえし だいばくはつ いわなだれ まもる

 

トリル対策枠(?)。最遅でないのは、Aブロックのパーティー一覧を見たところ、トリル下で動かすにはこいつより遅い(実質速い)ポケモンなんてたくさんいるし、だったら追い風の恩恵を少しでも受けられるようにするという意図です。

特性は、天候展開されると非常に面倒なのでノー天気。

雪崩は重すぎるファイアローの迅速な処理とか、麻痺との相乗効果が狙えると思ったため。

大爆発は、パーティー単位で重いポケモン(チョッキ叩きブシンとか)に対して、ヨプで1発耐えてもらって大爆発で大きく削ってもらうつもりで仕込みました。

 

 

 

 【総評】

戦績の方は3勝2敗(1不戦勝)でした。

はじめパーティーを見たときは、ワイドガードもフェイントも使えないのを知って不安になりましたが、可もなく不可もなく戦うことが出来たようです。

 

 パーティー単位では、炎の一貫性と格闘弱点が4体もいることが気にかかりました。

 

 

 初手の基本選出は、

 

f:id:yuantonym:20150518001804p:plain f:id:yuantonym:20150518001549p:plain f:id:yuantonym:20150518001647p:plain

f:id:yuantonym:20150518001804p:plain f:id:yuantonym:20150518001549p:plain f:id:yuantonym:20150518001823p:plain

f:id:yuantonym:20150518001804p:plain f:id:yuantonym:20150518001549p:plain f:id:yuantonym:20150518001737p:plain  

 

と、「影踏み封印+威嚇or電磁波祟り目or猫騙し」をする感じで以上の3つを想定していました。

 

 

以下、試合BVと対戦の軽い解説

 

ごまさん戦   PPJW-WWWW-WW22-ZBE7

横取りの存在を忘れていた上に、タスキトリルを警戒して立ちまわってたら、強気にマフォに居座られてコンボ決められていた。さらにエスパー技警戒しすぎて熱風とかいう範囲技の存在を忘れていた。相手のやりたいことをやられまくった試合。

 

アサギさん戦  DNXG-WWWW-WW22-ZBEP

いいタイミングでゲンガーが麻痺ってSが下がったのと、ノー天気で本当によかったと思えた試合。あとは上手くスイッチが決められた試合でもあったと思う。

 

チョコさん戦  DJ6W-WWWW-WW22-ZBF8

同速対決に勝ったのと麻痺ったのがかなり大きいものの、結果的に自分がやりたかったことが一番出来た試合だと思う。(麻痺ってなかったらゲンガー2連守るかmoveしていたと思う)

 

ゆちなさん戦  BZAG-WWWW-WW22-ZBFS

初戦のごまさん戦でやられたのと、自分もグラエナ使ってる関係上ものすごく横取りを警戒していた。ブシンニンフィアクチートとか泣きたくなったが、それよりも霊獣トルネロスにいいようにやられた試合。この試合ほどゲンガーのSをちゃんと上げていればと思った試合はなかった。

 

 

 

【あとがき】

今回の大会に参加しようと思った理由として、単純に面白そうだということがありました。  実際、レートとは違って普段自分がやらないことをやることもそうだし、(いつも以上に)相手に何されるかもわからないのもとても新鮮でした。

しかしそれよりも、普段テンプレ気味のポケモンとか調整しか使わないので、自分なりに何か開拓できないかと思ったのが一番の理由です。多分ポケ徹の図鑑を端から端まで何度も見返したのはこれが初めてかもしれません。今回は特にグラエナが予想していた以上に色々できることを知ったり、ゲンガーのSをコバルオン抜かれにするなど普段自分がやらないようなことをワクワクしながら考えることができました。

普段自分から使うことのないポケモンに触れてみるというのは、いつもと違う感じでとても楽しいし勉強になるしこういう機会をもっと増やしたいと思いました。

 

というわけで、運営のきゅんさん、対戦して下さったみなさん、参加者のみなさんお疲れ様でした!

【第1回JPNOPEN使用構築】  初めての零度スイクンとトリル偽装パ 【ベスト8】

シングル ORAS

結構久々の構築記事更新です。

 

今回あの!あの!JPNさんが主催するJPNOPENに参加してきました!

 

結果の方は予選5勝1敗で久々の予選抜けで、決勝トーナメントは1回勝ってベスト8でした。

 

 

f:id:yuantonym:20150323150922p:plain f:id:yuantonym:20150323150826p:plain  f:id:yuantonym:20140922085441p:plain

 

f:id:yuantonym:20141014214401p:plain   f:id:yuantonym:20141014214827p:plain   f:id:yuantonym:20140819172213p:plain

 

 

【パーティー構築のいきさつ】

今回のJPNOPENは基本的にORASレートのルールに準拠してるのですが、一番の特徴は何と言っても過去作のポケモンも使えるといったことでしょう。 これにより色違いポケやら零度スイクンやら泥かけガルーラetc.が入り乱れたりと最近のシングルオフでは珍しいルールになったと思います。

 

そんな中どういうパーティーを使うかとなったときに、真っ先に思いついたのが

 

 

零 度 ス イ ク ン

 

 

でした。自分は零度スイクンを持っておらずこれまで使ったことがありませんでした。しかし、「ここで使わずしていつ使うんだ!?」ということと、零度スイクンの価値も以前より落ちてるし借りられそうと思い行動した結果、無事に零度スイクンを借りられ使うことが出来ました。そこからは零度スイクンと相性のいいポケモン(霊獣ボルトロス)だったり、相手の零度スイクンやメタを意識して構築を組みました。

 

 

 

 

 【個別解説】

f:id:yuantonym:20150323150814p:plainSuicune@とつげきチョッキ

性格:のんき 特性:プレッシャー
実数値:207-95-183-110-135-95 (252-0-252-0-0-4)
技:ぜったいれいど しんそく ねっとう れいとうビーム
(選出回数:予選6-6 本戦1-2)
 
圧倒的選出率。このオフでやりたかったことはできたのでとても満足です。

通称3割の化身(熱湯の火傷3割、零度の3割)。WINスイクンだったので何となく英語表記にしてみました。

初めて使いましたが、思っていた通りスイクンの耐久力で強引に相手を持っていく零度が撃てるのは犯罪だと思いました。特に対処に苦労する小さくなるピクシーなど突破が面倒なポケモンを常に3割で倒せるのは快感でした。

零度スイクンの持ち物は色々ブログを漁った結果、チョッキ持ちの記事が多かったのでチョッキで採用。実際は特殊技より物理技を受ける機会のほうが多かったのでオボンやゴツメを持たせても良かったと思います。

ある程度注意はしてたのですが、今回は特に零度スイクン対策を意識している人が多かったせいか、思考停止で零度打ってると身代わりとかされるので調子に乗らないことが大切だと思いました。

ちなみにこの日の零度の命中率は4~5割程度だったのでクソ強かったです

 

 

f:id:yuantonym:20150323150828p:plain ヘラクロスヘラクロスナイト

性格:いじっぱり 特性:じしんかじょう→スキルリンク
実数値:179-260-136-*-126-103(188-252-4-0-4-60)
技:じしん ミサイルばり タネマシンガン ロックブラスト
(選出回数:予選2-6 本戦2-2)
 

零度スイクンメタで身代わり持ちが増えると思ったので連続技エースを採用。

タネマシンガンはマリルリや多そうなスイクンの処理を早めるため。

ミサイル針はタイプ一致かつ最近数を増やしてるジャローダの処理を早めるため。

ロックブラストは単純に技の相性補完的に優秀なので採用。

インファイトでなく地震にしてるのはギルガルドで止まらないようにするためです。

 

 

f:id:yuantonym:20140904135703p:plain クチートクチートナイト

性格:いじっぱり 特性:いかく→ちからもち
実数値:151-165-145-*-115-84 (204-0-196-0-0-110)
技:ふいうち じゃれつく はたきおとす ほのおのキバ
(選出回数:予選4-6 本戦0-2)
 
・HB 威嚇込みでA182ガブリアス地震+鮫肌×2耐え(最大150ダメージ)
 
仏語ラブボ理想メス個体の自覚あるクチート。出した試合全部で勝ってるのでクチートはやはり強い。
相性補完的にフェアリーやら鋼枠を探していたらクチートがドンピシャで当てはまりました。またクレセリアを入れる都合相性のよかったポケモンでもあります。
今回はトリルを入れておらずSにそれなりに振っているので、S振りを甘えた50族60族あたりを上から殴れ意表がつけ(る気がし)ます。
欲を言えばもう少しAとSに割きたいところですが、これ以上耐久を割くのもう~むという感じで悩んでおります。
 
 
 

f:id:yuantonym:20140821081316p:plain クレセリア@オボンのみ

性格:ずぶとい 特性:ふゆう
実数値:223-*-189-95-155-105 (220-0-252-0-36-0)
技:サイコキネシス れいとうビーム でんじは みかづきのまい
(選出回数:予選0-6 本戦1-2)
 
ポリ2の採用の線もありましたが、バシャーモが重くなるのとエースの回復薬が欲しかったのでクレセリアを採用。
 
トリックルームでなく電磁波を採用したのは、
①トリルから三日月の舞をする場合零度スイクンに零度を2度打たせる可能性が非常に高く、十分な場作りが出来ない場合がある 
②ヘラやクチートだけでなくスイクンボルトロスのサポートにもなる
と考えたからです。
 
とはいえ、サイキネor冷ビ切ってトリル入れても良かったかもしれません。
選出率が低かったのはクレッフィやらピクシーやら霊獣ボルトロスなどが入ったパーティーによく当たり起点にされかねなかったからです。
 
 

f:id:yuantonym:20141014222309p:plain ボルトロス(霊獣)@いのちのたま

性格:おくびょう 特性:ちくでん
実数値:167-*-96-179-100-168 (100-0-48-108-0-252)
(選出回数:予選0-6 本戦1-2)
 
・HB A182ガブリアスのエッジ高乱数耐え
 
流行りの耐久ボルトロスや今回多くなりそうなスイクンメタで導入。こいつらの前で強引に積んで全抜きを図るという算段です。
今回はサイキネよりめざ氷が欲しい場面が多かった気もしますが一長一短でしょう。
耐久調整は5世代の遺物です。
 
 

f:id:yuantonym:20140820065637p:plain ガブリアス@こだわりスカーフ 

性格:いじっぱり 特性:さめはだ 
実数値:183-200-116-*-105-154  (0-252-4-0-0-252)
技:げきりん じしん ストーンエッジ どくづき
(選出回数:予選3-6 本戦1-2)
 

パーティー単位でウルガモスやゲンガー辺りが重くなったのでストッパーとして採用。

拘りガブの技で毒づきとアイヘで迷う人がよくいると思いますが、僕は毒突き派です。たしかにアイヘの3割怯みも魅了的ですが、毒タイプの通りが良いことが結構あるので僕は毒突きを採用しています。

 

 

 

 【感想】

まずは戦ってくださった、ミスターSさん、Adamsさん、太臣さん、チェイサーさん、こうりんさん、ゆきのこさん、陽介さん、モロさん、ありがとうございました。

 

今回オフ前に実際にパーティーを回すことは出来ませんでしたが、ほぼ自分の想定したとおりに各々のポケモンが活躍してくれたので満足してます。特にスイクンで強引に勝ちを拾った試合が2試合ほどありました。自分で使う分にはいいが相手に使われたくないポケモンだと改めて思いました。

 

ただ唯一心残りなこととして、決勝トーナメントでいばイカクレッフィに蹂躙されて敗北してしまったことが挙げられます。後出しクレッフィヘラクロスが為す術なく倒されたのは非常に悲しかったです。

 

 

 【あとがき】

個人的なことですが、某氏と初めて話したにも関わらず試合終わってからすぐに煽られるようになったのは初めての経験でした(笑)

 

また3決の対戦解説でJPNさんがガルーラの話題からなぜかカンガルーの袋の話をしたり、隣の総師範がその暴走を止める場面があったりと他のオフの真面目実況とはひと味違った感じなのが面白かったです。

 

またオフがスムーズに終わったので、時間に余裕のある人で景品ありのトーナメントが開かれたりもしました。なお結果は、開催を提案し零度スイクンを景品に提供したライトさんが自演優勝してました。

 

オフ全体としては、初めてのオフ開催だったにも関わらず目立ったトラブルもなく雰囲気も明るいオフだったので、また行きたいと思えるようなオフだったと思います!

 

最後になりましたが、当日絡んでくれた方、JPNさんはじめ運営の方々はお疲れ様でした!

 

 

 

 Special Thanks !!

零度スイクンを貸してくれたみことさん

仏語ラブボクチートを交換してくれた健士さん

 

お二人とも本当にありがとうございました!

GS(ジェネレーションショーダウン) 使用構築 【グラードンゼルネアス】

ダブル ORAS

2月の中旬にあったGeneration Showdownに参加したときのパーティーの紹介記事です。

ORASに入って初の伝説戦のインターネット大会であり、大幅強化されたホウエン3伝説たちによって伝説戦の環境も大きく変わりました!

 

それではパーティー紹介です。

 

 

f:id:yuantonym:20150216194937p:plain   f:id:yuantonym:20150216200350p:plain    f:id:yuantonym:20150216194940p:plain

 

f:id:yuantonym:20150216194720p:plain    f:id:yuantonym:20141014214401p:plain     f:id:yuantonym:20140819172216p:plain

 

 

 

【パーティー紹介】

f:id:yuantonym:20150216174012g:plain グラードン@べにいろのたま

(いじっぱり H252 A4 S252)

じしん いわなだれ オーバーヒート まもる

 

とりあえずゲンシグラードンを使ってみたかったので採用。

準速にすることで、1試合を除いた全てのグラードンカイオーガの対面で先手を取ることが出来ました。

オバヒはギルガルド意識、雪崩は浮いてる奴への打点+無限の勝ち筋を生むので採用。

当初は断崖の剣を入れるはずだったものの技変え忘れて地震のままバトルボックスを登録してしまったので、開始早々ものすごく焦りました。しかし断崖の剣じゃなかったから負けた試合と言うのは特に思い当たらず、むしろ安定命中の地震だったことで結果的に安定して勝てた試合の方が多かったという印象です。パーティー単位でも浮いているポケモンや全体技を防げるポケモンが多かったためか、自分で打つ地震のフォローは出来たのも幸いでした。

(ちなみにA4振りのゲンシグラードンのダブルダメ地震でH252振りのゲンシグラードンがちょうど確定2発でした)

 

 

f:id:yuantonym:20140904135804p:plain ゼルネアス@パワフルハーブ

(おくびょう H8 B4 C244 S252)*個体値の都合で変な振り方しています。

ムーンフォース マジカルシャイン ジオコントロール まもる

 

ゼルネアスのフェアリー技を受けられるポケモングラードンで打点が取れ、その逆も然りでこの2匹の組み合わせが優秀とのことで採用。

拘り系アイテムとかを持たせない限りこの構成以外ありえないと思えるほど素晴らしいテンプレ構成。

今の環境では耐久無振りだと耐久が足りないと感じることが多々あったので、ジオコンを積むこと前提であるならば耐久に努力値を割くのもいいと感じました。

 

 

f:id:yuantonym:20150120154524p:plain ボーマンダボーマンダナイト

(むじゃき H4 A60 B4 C188 S252)

 すてみタックル りゅうせいぐん だいもんじ まもる

 

威嚇は撒けるし両刀強いし伝説ポケと同じぐらい活躍してくれました。

+1捨て身でH振りゲンシカイオーガが確定1発になる程度にAに振りましたが、H無振りゼルネアスが確定1発になるまで降ればよかったと後悔した試合が1試合ありました。

また、Hぶっぱゲンシグラードンは前歯入れた後の流星群で、耐久無振りメガレックウザは基本的に流星群で少し余裕を持って落とせます。ただし、一度だけ海外勢のHぶっぱしていたと思われるメガレックウザに流星群を微妙に耐えられて返り討ちにされたときは泣きました。

それと文字は全然外さなかったのに流星群は外しまくって台パンしました。(85%>90% 命中率とは)

 

 

f:id:yuantonym:20150216173812p:plain クロバット@ラムのみ

(ようき H244 B12 S252)

ファストガード ちょうはつ いかりのまえば おいかぜ

 

猫騙しや雪崩で怯まないかつS130族の貴重なポケモン

伝説であろうとゴースト以外なら相手のHPを大きく削れる前歯、補助役に刺さる挑発、S操作するための追い風までは確定。4つ目は神速や猫騙し、悪戯心補助技から味方を守るためにファストガードを入れました。

ラムは不意の電磁波などででクロバットの貴重なSを殺さないという目的もありますが、主にスカーフダクホドーブルを警戒して持たせました。

 

 

f:id:yuantonym:20140821081316p:plain クレセリア@オボンのみ

(なまいき H220 B156 C34 D100)*めざ炎個体

 れいとうビーム スキルスワップ でんじは てだすけ

 

今の伝説環境では一家に一台とまでいえるポケモン

ダブルトリプルから生意気の個体を完全流用。

最遅にすることでスキルスワップによる永続天候の奪い合いを制覇できるという利点があると前向きに考えましたが、そんな試合は1試合もありませんでした。むしろニンフィアに上からハイボ打たれました()

技のチョイスとしては、まず S操作の電磁波。味方の足りない火力を補う手助けは確定。タイプ一致のサイコキネシスよりは、レックウザボーマンダ、霊獣ランドロスに対する打点を少しでも多く持ちたかったので冷凍ビームを採用しました。スキルスワップは永続天候を奪い返したり、グラードンゼルネアスに浮遊を渡したりと相方の強化ができます。

クレセリアは基本補助役なので挑発警戒でメンタルハーブを持たせることも考えました。しかし、控えめゲンシカイオーガのダブルダメ根源の波動2耐え、メガレックウザの珠ガリョウテンセイを2耐えできる可能性を上げるためにオボンを採用しました。(余談ですが、この2つの耐え調整をするならDをもう少しBをに割きましょう)

 

 

f:id:yuantonym:20140820065632p:plain ギルガルドきあいのタスキ

 (ひかえめ H252 C220 S36)

 シャドーボール アイアンヘッド キングシールド ワイドガード

 

何かされると面倒くさい相手のクレセリアゼルネアスを早めに処理したかったので採用。

持ち物は、ゲンシグラードンの晴れオバヒの一撃で飛んだり、ブレードフォルムでも強引に動かすことができるのでHに振っているもののタスキを採用。

一貫性のあるシャドーボールゼルネアスに打点の持てるアイアンヘッドが確定し、また強力な全体技を防げる貴重なワイガも採用。最後に場持ちを考えてキンシを採用しましたが、むしろちょい残しの相手の対して影打ちを打ちたい場面も多かったです。なので、キンシ、影打ちの技選択は悩みどころだと思います。

 

 

 

【構築や大会の雑感】

成績は30戦で19勝11敗という微妙な成績で、レートは1600前半ぐらいだったと思います。

 

今回この構築の要の1つである前歯の命中率が体感70%ぐらいだったのでつらい試合が多かったです。

また苦戦した相手としては、主にカイオーガレックウザの並びでしょうか。グラードンに水技は通るし、ゼルネアスも珠ガリョウテンセイで吹き飛ぶし。。。あとは比較的メガガルーラに上から殴られやすいのと、前歯が入らない凍える風タスキゲンガーも厄介に感じました。今回はこの辺りのケアが甘かったです。

 

それと30戦とも午前中にに潜った結果、自分より上のレートの人となかなか当たらなかったので(4~5試合に1回ぐらい)、次潜るなら夕方か夜あたりに潜ります。

 

僕自身は成果を出せませんでしたが、今回の構築を組む上で伝説厨オフ参加者の構築記事を参考にさせて頂きました。また大会前にフレ戦をしていただいたお二人の方もありがとうございました。

 

色々心残りはありますが、GSのルール自体は普段のレート以上に大味なバトルが多いのでとても楽しかったです。

 

それではここまで読んでいただきありがとうございました!

オシャボとか遺伝技持ちとかの孵化余り一覧

雑記

太字、下線を引いているポケモン夢特性でも所持しているポケモンです。(スマホ等からだと全文太字で見れないと思うので下線を引きました)

新たに手に入ったら適宜更新します。(*ピカチュウピチューピンプクはラッキーの欄に書いてあります)

 

 

カントー地方 (No.001~151)
 
 
ヒトカゲ      モンボ(りゅうのはどう げんしのちから げきりん りゅうのまいorふくろだたき カウンター)
 
ゼニガメ      ダイブ(ねこだまし だくりゅう しおふき はどうだん
 
二ドラン♀ ダイブ(ふくろだたき カウンター)
 
ズバット  ダーク(ブレイブバード でんこうせっか ふきとばし さいみんじゅつ)
 
ガーディ  モンボ(ねっぷう インファイト あさのひざし)
 
ニョロモ  ネスト(がむしゃら アンコール)
 
ワンリキー モンボ(インファイト はたきおとす れいとうパンチ バレットパンチ
 
メノクラゲ ダイボ(ミラーコート アクアリング)
 
ゴース   ダーク ムーン(ミラータイプ かなしばり ほろびのうた クリアスモッグ
 
ベロリン ドリーム(のしかかり はらだいこ のろい アームハンマー
 
サイホーン モンボ(ほのおのキバ こおりのキバ カウンター メタルバースト)
 
ラッキー  ヒール(いやしのすず カウンター てだすけ ちきゅうなげ)
 
ガルーラ  ゴージャス サファリ(すてみタックル ふみつけ かなしばり アームハンマー
 
ストライク ネット(バトンタッチ カウンター ファストガード)
 
カイロス    ネット(フェイント インファイト でんこうせっか
 
コイキング ダイブ
 
ラプラス  ダイブ(げんしのちから フリーズドライ
 
イーブイ  ドリーム(うそなき あくび ねがいごと のろいorみきり)
 
プテラ   モンボ(おいかぜ ファストガード)
 
ミニリュウ ハイパー(しんそく
 
 
 
ジョウト地方 (No.152~251
 
チコリータ モンボ(グラスフィールド いやしのはどう ねをはる カウンター)
 
ワニノコ  ダイボ(アクアジェット りゅうのまい れいとうパンチ ハイドロポンプ)
 
オタチ   ドリーム(きしかいせい あまえる すてみタックル トリック)
 
ピチュー  リピート(ねこだまし アンコール)
 
トゲピー  プレミア クイック(わるだくみ)
 
メリープ  リピート(エレキフィールド)
 
マリル   ダイブ(アクアジェット はらだいこ)
 
ムウマ   ゴージャス ムーン(みちづれ おきみやげ スキルスワップ わるだくみ)
 
ヘラクロス ネット(おいうち ロックブラスト)
 
ニューラ  ゴージャス(ねこだまし こおりのつぶて フェイント つららおとし)
 
ウリムー  モンボ(つららおとし じわれ つららばり ステルスロック
 
エアームド ネット ヘビー(ドリルくちばし ふきとばし ステルスロック のろいorブレイブバード
 
バルキー  モンボ(ねこだまし みやぶる てだすけ マッハパンチ
 
ヨーギラス ダーク ゴージャス ムーン(アイアンヘッド りゅうのまい おいうち ステルスロック
 
 
 
ホウエン地方 (No.252~386)

アチャモ  モンボ(カウンター きしかしせい バトンタッチ)
 
ミズゴロウ モンボ(ワイドガード あくび カウンター ミラーコート
 
ポチエナ  ネット(ふいうち あくび にらみつける よこどり)
 
ハスボー  ネスト(やどりぎのタネ ギガドレイン カウンター フラフラダンス)
 
タネボー  ネスト(ふくろだたき でんこうせっか グラスフィールド パワースワップ
 
ラルトス  ネスト ムーン(おきみやげ かげうち アンコール みちづれ)

キノココ  ネスト(しぜんのめぐみ タネマシンガン ドレインパンチ きあいパンチ)
 
ゴニョニョ ゴージャス
 
マクノシタ ハイパー(バレットパンチ フェイント ワイドガード みきり)
 
ヤミラミ  ゴージャス(メタルバースト フェイント トリック じこさいせい
 
クチート  リピート ラブラブ(ほのおのキバ)
 
ココドラ  ネット
 
ラクライ  クイック(ほのおのキバ すりかえ)
 
ドンメル  モンボ(げんしのちから せいちょう ねっぷう)
 
チルット  ダイブ(ハイパーボイス こうそくいどう くろいきり パワースワップ
 
 
ヒンバス  ゴージャス(しおみず ミラーコート さいみんじゅつ くろいきり)
 
ヨマワル  ダーク(ふういん みちづれ おきみやげ いたみわけ)
 
 
 
 
シンオウ地方 (No.387~493)

ヒコザル  モンボ(ねこだまし ねっぷう アンコール ファストガード)
 
 
ムックル  モンボ(フェザーダンス すてみタックル
 
チェリンボ ヒール ゴージャス
 
カラナクシ ヒール(あくび じわれ カウンター ミラーコート
 
ミミロル  ドリーム(ねこだまし れいとうパンチ アンコール すりかえ)
 
ペラップ  クイック(わるだくみ アンコール ばくおんぱ)
 
 
リオル   クイック(かみくだく しんくうは とびひざげり バレットパンチ
 
ヒポポタス モンボ(なまける のろい たくわえる ふきとばし)
 
ユキカブリ ネット(やどりぎのタネ せいちょう)
 
 
 
イッシュ地方 (No.494~649)
 
ツタージャ モンボ(へびにらみ ミラーコート
 
ムンナ   ヒール ドリーム(いやしのねがい てだすけ)
 
ドッコラー モンボ(ワイドガード みきり ドレインパンチ マッハパンチ
 
モンメン  ネスト(おきみやげ アンコール うそなき ふくろだたき)
 
デスマス  ダーク
 
チラーミィ プレミア(はたきおとす)
 
ゴチム   ゴージャス(いやしのはどう ミラーコート
 
エモンガ  リピート(あまえる バトンタッチ プラズマシャワー エアスラッシュ
 
プルリル  ダイブ(とける)
 
テッシード ネスト(ステルスロック タネマシンガン やどりぎのタネ じゅうりょく)
 
ヒトモシ  ゴージャス(ねっぷう クリアスモッグ くろいきり とける)
 
キバゴ   リピート

コジョフー ゴージャス(フェイント さきどり けたぐり はたきおとす)
 
コマタナ  ゴージャス(ふいうち おいうち ファストガード ステルスロック
 
バルチャイ ダーク(くろいまなざし イカサマ はたきおとす)
 
モノズ   ダーク(だいちのちから)
 
メラルバ  ネット ゴージャス
 
 
 
カロス地方 (No.650~719)
 
ハリマロン ネスト(こうごうせい のろい まきびし)
 
フォッコ  モンボ(ねっぷう ねがいごと さいいんじゅつ マジックコート
 
ケロマツ  ダイブ(どくびし)

ヤヤコマ  リピート ゴージャス(ファストガード おいかぜ よこどり)


ニャスパー ダイブ(ねこのて トリック あくび)

ヒトツキ  ダーク ゴージャス(みちづれ ワイドガード)

シュシュプ ヒール(ゆうわく かなしばり ねがいごと)

ペロッパフ ヒール(あくび はらだいこ)

クズモー  ダイブ ゴージャス(くろいきり ベノムトラップ どくびし)

ウデッポウ ダイブ(てだすけ なかまづくり)

エリキテル リピート(エレキフィールド へびにらみ)

チゴラス  モンボ(こおりのキバ ほのおのキバ りゅうのまい

デデンネ  リピート(てだすけ かいでんぱ)

ヌメラ   ゴージャス(ポイズンテール とける カウンター)

ボクレー  ダーク

バケッチャ ヒール(みちづれ かなしばり)


オンバット ダーク(すりかえ)

第30回シングル厨のつどいオフ使用構築 【ステロパ入りのメガヤミラミ】

シングル ORAS

明けましておめでとうございます!今年も当ブログを見てもらえるととても嬉しいです>o'ω'o<

 

さて今年はPop channelに出演したりと新年早々ポケモンをやってました。そして、新年開始から2週間もしないうちに思い入れの深いシングル厨が開催されるのことだったので当然のように参加してきました。

 

f:id:yuantonym:20150112173538p:plain

 

【パーティーコンセプト】 

知っている方もいるかもしれませんが、実は僕はよくオフが始まる直前までパーティー構築に悩んでいることが多く、今回も構築自体の完成度は正直高くないと思います。ですが、やりたいことはハッキリしてて

①ステロを巻きサイクルを上手く回しながら高火力技で相手に負荷をかけて倒す

②メガヤミラミでハメる

かのどちらかの軸で戦うパーティーでした。

 

 

【個別解説】

f:id:yuantonym:20150120154527p:plain ヤミラミヤミラミナイト

性格:ずぶとい 特性:いたずらごころ→マジックミラー
実数値:157-*-174-105-154-27 (252-0-108-0-148-0)(メガ後)

技:バークアウト めいそう おにび じこさいせい

 

HB方面

マリルリのじゃれつく確定耐え

・A200キノガッサのタネマシンガン1発につき25~30ダメージ(5発耐え)

 

HD方面

・(通常ヤミラミならばD+1の状態で)C155珠ゲッコウガの冷ビ最高乱数2回連続引かなければ耐え
・(通常ヤミラミならばD+1の状態で)C222ギルガルドシャドーボール確定2耐え

・(通常ヤミラミならばD+2の状態で)D+1でC222ギルガルドシャドーボール確定3耐え

 

前回の社の記事でも書きましたが、メガヤミラミのハメ性能は強いです。メガヤミラミのハメ性能は強いです!(大事なことなので2度言いました)それと今回のシングル厨では†威張る†という名の礼儀が流行ったみたいなので、そのような礼儀に被害を被った人にはオススメできるポケモンです。

調整の意図はまず特殊方面のポケモンを起点にしようと考え、現環境でも数が多く高火力で厄介なC222のメガゲンガーギルガルドシャドーボールを火力指数の基準に配分を考えました。この辺りのポケモンの特殊火力を耐えるということは、弱点を突かれない限り大体のポケモンの特殊技を耐えて起点にできるということでもあります。

B方面は、後攻鬼火であっても(先制鬼火なら通常ヤミラミでも)A216霊獣ランドロス地震やA200ガブリアスの逆鱗あたりは受けきれるので、それほど調整先を考えておらず努力値の余りをBに振った感じになっています。Bはもう少し削れなくもないので、場合によってはD+1でC194メガネサザンドラの流星群1.5発高乱数耐えの調整にしてもいいのかもしれません。

Sは通常ヤミラミ時にギルガルド抜かれの個体が偶然生まれたのでしばらく運用してきましたが、それが役に立った場面は特になかったので普通にSV個体でいいと思います。

 

 

f:id:yuantonym:20150120154524p:plain ボーマンダボーマンダナイト

性格:うっかりや 特性:いかく→スカイスキン
実数値:171-165-150-189-98-172 (4-0-0-252-0-252)(メガ後)

技:ハイパーボイス りゅうせいぐん だいもんじ すてみタックル

 

Dの個体値少し甘えた個体。前回の社で物理型は対策されてて動かしにくく感じたので、特殊よりの両刀メガマンダ。初期案ではボイス、流星群、竜舞、捨て身みたいなトンデモ構成だったものの、鋼を迅速に処理するための打点が欲しかったので技スペと相談して竜舞アウト文字イン。竜舞切るならS補正のかかる無邪気の方が良かったと思います。それと竜舞入れるならボイスを切ってもいいかもです。

 

 

f:id:yuantonym:20140820065637p:plain ガブリアスきあいのタスキ

性格:ようき 特性:さめはだ
実数値:183-182-116-*-105-169 (0-252-4-0-0-252)

技:げきりん がんせきふうじ じしん ステルスロック

 

ステロ撒き兼アタッカー。マンムーの方が良かったかもしれませんが、そうするとギガドレウルガモスだったり特にリザYが重くなるのでガブリアスを採用しました。

 

 

f:id:yuantonym:20140821081315p:plain ゲッコウガ@いのちのたま

性格:むじゃき 特性:へんげんじざい
実数値:147-116-87-155-81-191 (0-4-0-252-0-252)

技:ダストシュート くさむすび あくのはどう れいとうビーム

 

パーティー単位でドラゴンとフェアリーが重いので冷ビとダストシュートは確定。次にガルドやクレセに打点があり一貫性のある悪波。草結びはスイクンを見たり、相手のメガヤミラミに対する大きな打点となるので採用(メガヤミラミに草結びは威力100で入る)

 

 

f:id:yuantonym:20150112112015p:plain ローブシン@とつげきチョッキ 

性格:いじっぱり 特性:こんじょう
実数値:207-202-121-*-93-66 (212-188-44-0-60-4)
技:ドレインパンチ マッハパンチ はたきおとす れいとうパンチ
 
・HB:陽気鉢巻ガブリアスの逆鱗+鮫肌耐え
・HD:珠ゲンガーのヘド爆2耐え
 

典型的なチョッキブシン。対ガルーラゲンガーだったり、バーティーで重い竜舞メガバンギの牽制だったり、メガ2匹が厳しいねむカゴスイクンを物理で殴って強引に処理する枠です。

 

 

f:id:yuantonym:20140820065630p:plain ウォッシュロトム@オボンのみ  (ずぶとい HBベース)

性格:ずぶとい 特性:ふゆう
実数値:157-*-154-135-134-109 (252-0-100-76-60-20)(めざ草個体)

技:10まんボルト ボルトチェンジ ハイドロポンプ おにび

 

パーティー全体で重めのアローを強く意識した物理受け。Cにそれなりに振ってるのはおそらく10万ボルトでHギルガルドの身代わり確定1みたいな調整をしてるからだと思いますが、メガヤミラミがいるのでそこまでCに割く必要がなくもっと耐久に回すべきでした。

 

 

 

【選出率とかパーティーの感想】

 ヤミラミ      f:id:yuantonym:20150120154527p:plain 7-9

ボーマンダ   f:id:yuantonym:20150120154524p:plain 2-9

ガブリアス f:id:yuantonym:20140820065637p:plain 5-9

ゲッコウガ f:id:yuantonym:20140821081315p:plain 4-9

ローブシン f:id:yuantonym:20150112112015p:plain 3-9

ロトム   f:id:yuantonym:20140820065630p:plain 6-9

 

戦績はオニゴーリブロック5勝4敗で一応勝ち越すことが出来ましたが予選抜けならずです。対戦してくださった、マサヤさん、たかきおすさん、しゃむさん、おかきさん、オヤシロさん、しずくさん、クマさん、コムコムさん、ふじょちさんありがとうございました!

 

選出で一番多かった組み合わせは、「ガブリアスロトムヤミラミ」でした。この組み合わせでもステロを巻きたいときがあって、それはとりわけ相手のパーティーにファイアローがいるときです。なぜなら、鬼火が効かなかったりとメガヤミラミで無双するのに邪魔なポケモンの筆頭だからです。そのためロトムあたりと上手くサイクルを回しながらファイアローの処理を早めにします。

 

ボーマンダの選出が少ないのは、ゲンガーやポリゴン2やクレッフィなどヤミラミの方が刺さっているパーティーが多かったからです。

 

それと勝った試合を振り返ると

①相手がロトム重めの選出をしてしまった

②2試合で相手の対策が甘めでメガヤミラミで上手くハメることができた

③ステロ+火傷ダメ+ボルチェンが上手く機能した試合があった

④ステロ撒いてからゲッコウガの広い攻撃範囲で相手のパーティーを半壊させた

 

といった感じで、勝てた試合の大半はコンセプトが上手く機能したと思います。

 

逆に負けた試合の要因は

①メガネラティオスの流星群の火力指数を見誤ってメガヤミラミが落とされてしまった

②メガネボーマンダの流星群に受けだしロトムが1発で持ってかれた

③耐久メガボーマンダ(身代わり毒羽休め)に上手いことやられてしまった

キノガッサとフェアリー(メガクチート)の組み合わせがパーティー単位で非常にツラかった

 

 といった感じなので、対特殊竜とガッサ耐性がガバガバなのを何とかするのが改善点でしょう。

 

 

 【あとがたり】

最近のシングルオフ戦績は5-4とかそのあたりで毎回ギリギリ勝ち越しはできるものの予選抜けができないので、構築が甘いとかORAS環境に順応できてないとか色々と足りないなあと感じる昨今です。

 

今回のシングル厨は予選落ちしたので前回出れなかったトリプルビートに参加してきました。トリプルビートで使ったパーティーは、サーナイト ポリゴン2 ガブリアス ミトム ボーマンダ キノガッサorキリキザン でした。結果は比較的運が良かったのもあって3戦3連勝で無事景品のバッジを獲得することが出来ました。対戦してくださったやみさん、ショコラさん、ruciさんありがとうございました!

 久々にサーナイトを入れたパーティーを使いましたが、やはり僕にはサーナイトが使いやすいみたいなので、次回以降のオフではまたサーナイトを使うかもしれません。

 

今回の決勝戦、3位決定戦はポケモンバトルにおける礼儀とは何か?が問われるバトルが行われ会場が盛り上がりました。そして実はその2つの試合が始まる前まで、後ろの方の席で仮面の男「真夜」による闇の†礼儀†指導バトルが行われており、決勝トーナメントに負けないぐらいの人だかりができ盛り上がっていたという話もあったりします。

 

とまあ色々書いてきましたが、主催のライトさんはじめスタッフの皆さん、参加者の皆さんはお疲れ様でした。

 

それではここまで読んでいただきありがとうございました!

 

質問等あればブログコメかtwitterまで@yuan_poke

第13回キツネの社mf使用構築 【メガヤミラミ メガボーマンダ】

シングル ORAS

第13回キツネの社mfに参加してきました。

ORAS始まって約1ヶ月、ORAS初期のオフで折角なので新要素を組み込んだパーティーで挑みました。

 

今回の構築はコレです!

 

f:id:yuantonym:20141228224638p:plain

 

 

(^ω)^ヤミラミかわいいですね。

(⌒,_ゝ⌒)マンダは初手竜舞や!

 

 

別に意識してたわけではありませんが、某有名バトレボ実況者を象徴するポケモンが気がつけば2体同時に入ってました。では、早速個別紹介に入ります。

(後日近いうちにPop channel、シングル厨があるので情報公開は少し控えめです。終わったら追記するかもです。)

 

 

 

【個別解説】

f:id:yuantonym:20150120154527p:plainヤミラミヤミラミナイト

性格:ずぶとい 特性:いたずらごころ→マジックミラー
実数値:157-*-174-105-154-27 (252-0-108-0-148-0)(メガ後)
技:バークアウト めいそう おにび じこさいせい
 
HB方面
マリルリのじゃれつく確定耐え
・A200キノガッサのタネマシンガン1発につき25~30ダメージ(5発耐え)
 
HD方面
・(通常ヤミラミならばD+1の状態で)C155珠ゲッコウガの冷ビ最高乱数2回連続引かなければ耐え
・(通常ヤミラミならばD+1の状態で)C222ギルガルドシャドーボール確定2耐え
・(通常ヤミラミならばD+2の状態で)D+1でC222ギルガルドシャドーボール確定3耐え
 

とりあえず使いたかった新要素1。毒々や挑発、吠えるなどの補助技が効かず耐久もあるメガヤミラミのハメ性能は強い。典型的なガルクレセドランだったりポリゴン2、特殊寄りのギルガルドなどは完全にカモです。「いたずらごころ、マジックミラー」と強力な特性を2つ持ち、進化するタイミングを考えて使うことによって真の強さを発揮すると思われるポケモン

炎物理アタッカー、フェアリーは(もしかしたら瞑想眠るスイクンも)基本的にツラいので他のポケモンでケアしましょう。

 

 

f:id:yuantonym:20150120154524p:plain ボーマンダボーマンダナイト  (いじっぱり ASぶっぱ)

技:すてみタックル ドラゴンクロー じしん りゅうのまい

 

とりあえず使いたかった新要素2。ORAS発売直後から1ヶ月経ってますが相変わらず新メガの中では一番多く使われてるのもあってか、メタも進んでて舞う機会はほとんどなかったので竜舞は切ってもいいのかもしれません。舞うよりスキン捨て身2発打った方が強い。

 

 

f:id:yuantonym:20141228232540p:plain マンムーきあいのタスキ  (ようき ASぶっぱ)

技:つららばり こおりのつぶて じしん ステルスロック

 

ステロ撒いたり、電気技が一貫してるので透かしたりする枠。ボーマンダがあまり相手にしたくないボルトランドやサンダー、メガボーマンダを見ることができます。

 

 

f:id:yuantonym:20140821081318p:plain ファイアロー@こだわりハチマキ  (ようき ASぶっぱ)

技:ブレイブバード フレアドライブ とんぼがえり ねごと

 

炎技持ちが欲しかったのと、ステロとか蜻蛉やらボルチェンでサイクル回して終盤全抜きしたかったので採用。最速ボルトに上からフレドラかましたり、最近ちょくちょくいるらしい水手裏剣ゲッコウガをわからせるために最速。

 

 

f:id:yuantonym:20141228232513p:plainマリルリ@オボンのみ  (いじっぱり HAベース)

技:アクアジェット ばかぢから じゃれつく はらだいこ

 

ドラゴンや悪の一貫を消すためのフェアリー枠。ヤミラミがツラいポケモンに比較的強気に出れます。カゴ眠る瞑想スイクンとメガヤミラミが積み合いになった場合PP的に不利になりがちなので、スイクンが2回目の眠るをしたときに後出ししてからポンポコして起点にします。

 

 

f:id:yuantonym:20140820065630p:plain ウォッシュロトムゴツゴツメット  (ずぶとい HBベース)

技:10まんボルト ボルトチェンジ ハイドロポンプ おにび

 

汎用的な物理受け。オボンはマリルリに取られてしまったのと、食べ残しだと受けだししたときにすぐ持ち物がバレてしまうのが嫌で持ち物に少し悩みました。個人的にロトムは持ち物何持ってるかすぐにはわからないのも強みだと思っています。そこで選出段階で比較的読まれにくく、物理への受け出しでダメージを稼ぐことのできるゴツメを持たせてみました。

 

 

 

【選出率とかパーティーの感想】

 ヤミラミ      f:id:yuantonym:20150120154527p:plain 4-9

ボーマンダ   f:id:yuantonym:20150120154524p:plain 5-9

マンムー  f:id:yuantonym:20141228232540p:plain 5-9

ファイアローf:id:yuantonym:20140821081318p:plain 6-9

マリルリ  f:id:yuantonym:20141228232513p:plain 4-9

ロトム   f:id:yuantonym:20140820065630p:plain 3-9

 

戦績は5勝4敗の234人中80位で一応勝ち越すことが出来ました。ヤミラミ自体はメガしなくても十分なポテンシャルはありますが、今回はボーマンダと同時選出することはありませんでした。対戦してくださった、蓮ヶ瀬水菜さん、kai38さん、ギンガさん、とげうなぎさん、ラミィさん、ライさん、るすでんさん、パステルさん、カナカナさんありがとうございました。

 

基本的にはステロを撒いてからとんボルチェンなどで相手にダメージを蓄積させながら、後半ボーマンダマリルリファイアローで抜いていくパーティーとなっています。メガヤミラミボーマンダが呼ぶクレセリアやポリゴン2、ゲッコウガロトム等を起点にできるので、この2匹の組み合わせは上手いこと噛み合ってると思います。

 

パーティー単位での主な改善点としては

①フェアリーが非常に一貫しており特に上から殴られると(スカーフキッス、最速メガサナなど)厳しいので、鋼枠などの検討

②壁貼りされると非常に辛く、特に天然ピクシーがどうしようもなくなる点

③上手く対面させないと、身代わり竜舞型のメガバンギラスが止まらなくなる点

 

といったところでしょうか。

 

 

 

 【あとがき】

当初はサンダーとかスイクンとかライコウとかランドロスとかボルトロスとかを入れたパーティーを考えていましたが、まだ厳選できてないので準伝なしでも問題なさそうな構築を考えてたらこうなりました。

ORAS新メガポケモンを全て使ったわけではありませんが、現状メガヤミラミ、メガボーマンダは特性だったり技の範囲だったりで評価がとても高いです。ちなみにメガミミロップの評価は低いです。環境的な問題もあるのかもしれませんが、猫恩返しでXYの頃によくいたテンプレ耐久振りのニンフィアが落ちなかったり、威嚇が入ってない状態でもH4メガボーマンダが冷パンで最高乱数引かないと落ちなかったりと、火力が足りないかなあという感じです。

 

今回のオフのターニングポイントは、3勝1敗でなかなか順調に進んでいたにも関わらず5戦目のラミィさん戦で負けたことです。よっぽど急所を引かれなければメガヤミラミで3タテのところまで展開したものの、気が緩んだせいかゲンガーの道連れでヤミラミが持ってかれてしまいそのまま逆転負けしてしまいました。この試合での精神的ダメージが非常に大きく立ち直るのに時間がかかりました。

そして何より、以前オフで対戦したラミィさんとカナカナさんにリベンジされてしまったことがとても悔しかったです。とはいえ今回の社で得られた経験や情報は大きいので、次回以降に活かしていきたいです。

 

それと2次会3次会参加者はお疲れ様でした!個人的に「まんげつ」という曲にとても強く感銘を受けました()

 

最後になりましたが主催のキツネさんはじめスタッフの皆さん、参加者の皆さんお疲れ様でした。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました>o'ω'o<